中国三千年の歴史がここに|冬虫夏草でチャイニーズボディ

Traditional medicine

肝臓が悪くなる

c型肝炎の特徴と症状

Health food material

c型肝炎は、c型慢性肝炎とも呼ばれます。これは、c型肝炎ウイルスに感染することで肝臓の炎症が続き、ウイルスによって細胞が壊され肝臓のはたらきが悪くなる病気です。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるように、感染初期にはほとんど症状がないのが特徴ですが、放置しておくと肝硬変や肝がんといった命にかかわる病気に繋がります。病気が進行して肝硬変となると、足のむくみ、顔の浮きばみ、体のだるさといった症状が現れてきますが、それ以前に食い止めることが必要です。c型肝炎のもうひとつの特徴に、血液によってのみ感染するというものがあります。そのため、感染者の多くは輸血や血液製剤、使い捨てでない注射針などから感染していました。しかし最近特徴的な感染経路はピアスや刺青、薬物の回し打ち、鍼治療などが不衛生な状態で行われたことによるものです。これらに当てはまる可能性がある場合は、検査を受けることが推奨されます。

検査と治療はどのように受けられるのか

c型肝炎ウイルスに感染しているかどうかを調べるには、保健所で検査を受けることが必要です。多くの自治体では無料で検査を行っているため、ウイルスに感染する可能性がある人の特徴に当てはまる場合やすでに疑わしい症状がある場合は一度問い合わせてみるとよいでしょう。検査によってc型慢性肝炎の診断が確定し、どの程度病気が進行しているのかとウイルスの量が判明すれば治療に移ります。c型肝炎における治療は、ウイルスを排除し病気の進行を食い止めて肝硬変への進行や肝がんの発生を予防するものです。治療には原因療法と対症療法の2種類があり、場合によってどちらかを選択します。原因療法はインターフェロン療法と呼ばれ、ウイルスの増殖を抑えるものです。多くは注射剤を利用しますが、飲み薬と合わせて使うこともあります。対症療法である肝庇護療法は、ウイルスを排除することはできませんが病気の進行を予防するものです。いずれにしても、自分の病状に合った方法をとることになります。まずは医師に相談することが大切なのです。

This template downloaded form free website templates